スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<楽しみたい>アニメのしっぽ ルパン三世(毎日新聞)

 ◇子供心盗んだコメディータッチ

 「ルパン三世」は、青年向けの初の漫画雑誌「漫画アクション」の創刊号(67年8月10日号)で世に出た。「当時人気のあった007っぽい大人の感覚とアルセーヌ・ルパンのキャラクターを組み合わせた」と語るのは原作者、モンキー・パンチ=本名・加藤一彦=さん(72)だ。漫画のルパンは、クールで目的のためには手段を選ばず、平気で人を殺し、グラマーな女性とのベッドシーンもふんだんにあった。ハードボイルドでスピーディーな展開が人気だった。

 アニメ化の打診を受けた時、モンキー・パンチさんはスタッフに「この漫画、アニメにはなりませんよ」と話した。「僕の漫画は順序だったストーリーではなく、途中で飛躍させ全然違う展開にして、読者に読み直させたりする。そんな方法はアニメでは通用しないと思っていた」

 実際、アニメの脚本家に原作を渡し脚本を書かせてもできなかった。そこで、「原作を離れ自由に脚本を書いていいから5人の設定は崩さないで」と要望した。ルパン、次元大介、石川五右ェ門、峰不二子、銭形警部の5人だ。「僕にとって5人すべてが主人公になりうる存在。それを崩すとルパン三世全体の面白さがなくなるんだ」

 71年の最初のテレビシリーズ。当初は不二子が服を脱いで男をベッドに誘ったり、敵を後ろから銃で撃ったりと、原作のアダルトな雰囲気が濃く、斬新な青年向けアニメだった。だが、視聴率は低迷、子供向けの路線に転換したが結局打ち切りに。77年からの新シリーズでより子供向けになり、今度は人気が出た。ルパンのキャラクターもよりコメディータッチになった。

 漫画とアニメのそんなギャップを、モンキー・パンチさんはむしろ楽しんだ。「漫画とアニメは見せ方が違うから、違和感は当たり前。僕はルパン三世が面白くなるのなら自由にやってくださいと言っていた。その方が面白い作品ができるんだ」

 宮崎駿監督のルパン映画として知られる「カリオストロの城」(79年)を見て、「あれは僕のルパンではないが、宮崎さんのルパンとしては傑作だ」と思った。「宮崎さんのルパンは優しくて、逃げるときは女性を抱える。クールじゃないけど面白い。僕のは女性を放り出して逃げる。漫画ならその方が面白い。今思えば、ルパンのキャラクターは分かりやすくてアニメ向き。脚本家が自由に発想できる柔軟性があったんだ」

 ストーリーは自由だが、5人の設定は変えないよう目を光らせた。「レギュラーに新しい仲間を加えないことも大切。アニメだと、子供のキャラクターを追加で入れたがるでしょう。1話だけならいいが、レギュラーになるなら僕は反対しますね」。そんなモンキー・パンチさんの夢は、自分1人でルパンのアニメをパソコンで作ること。「暴力シーンもアダルトな雰囲気も好きなだけ出した原作通りのアニメ。僕の中ではまだルパンは完結していない」。原作者の意地がそこにある。【大森顕浩】

………………………………………………………………………………………………………

 ■メモ

 ◇ルパン三世

 最初のテレビシリーズは71~72年、日本テレビ系で23話放映された。ジャケットの色は当時のブラウン管に映りやすい緑色(原作は黒と赤の2色刷りが多かったため赤)に。77~80年のシリーズは赤、84~85年はピンクだった。シリーズ以外に映画やテレビスペシャルの作品も多数ある。

<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
【風】「インフル狂騒曲」日本だけ?(産経新聞)
ネット選挙解禁、結論持ち越し 自民の反発で(産経新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
<面会権侵害>任意聴取容疑者の面会拒絶は違法 東京地裁(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。