スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<女子トイレ侵入>容疑で開星教諭逮捕 盗撮目的か 島根(毎日新聞)

 島根県警松江署は22日、校内の女子トイレに侵入したとして、松江市の私立開星中学・高校教諭、河合宣和容疑者(33)=同市古志原2=を建造物侵入容疑で逮捕した。女子トイレから同容疑者の顔が映っている小型ビデオカメラが見つかっており、同署は盗撮目的とみて調べている。

 逮捕容疑は、21日午後2時20分ごろ、同校体育館1階の女子トイレに侵入した疑い。同3時過ぎ、中学女子生徒が、トイレ個室の床に粘着テープで張り付けてある小型ビデオカメラ(縦約1センチ、横約5センチ、幅約2センチ)を発見。学校関係者がメモリーカードを調べたところ河合容疑者の顔が映っていたという。

 同署によると、河合容疑者は女子トイレへの侵入とカメラは自分のものと認めたが、盗撮目的については否認しているという。

 河合容疑者は03年8月から国語教師として勤務。サッカー部の顧問をしていた。細木恒夫副校長は「生徒や保護者の皆さんに申し訳ない」と話している。【岡崎英遠】

【関連ニュース】
盗撮:名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け
盗撮容疑:名古屋高検検事を書類送検 スカート内を携帯で
盗撮容疑:スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警
盗撮:疑いの高検検事、17日にも書類送検へ 愛知県警
盗撮:容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警

公安委員長女性スキャンダル 首相「調査を指示」(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>京都へ出発(毎日新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
西村氏「命懸けで頑張る」…国民新党比例代表候補正式発表(スポーツ報知)
深夜、神戸のホテルぼや 宿泊52人避難騒ぎ(産経新聞)
スポンサーサイト

教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)

 植物の細胞の中で葉緑体などの物質が動く現象「原形質流動」のメカニズムを、京都大学大学院理学研究科の西村いくこ教授(植物分子細胞生物学)らの研究チームが世界で初めて解明し、今週中に米科学誌「米国科学アカデミー紀要」(電子版)に掲載される。

 原形質流動は高校の教科書にも掲載されている有名な現象。多くの科学者が仕組みを調べてきたが実証できておらず、200年来の謎といわれていた。

 研究チームは、植物の細胞内にある大きな器官が原形質流動にかかわっていると予測し、タンパク質などを作る植物の内壁全体にある器官「小胞体」に着目。アブラナ科の植物「シロイヌナズナ」の葉から小胞体のみを取り出して調べた。

 その結果、小胞体に、細胞中の物質を動かす働きがある特定のタンパク質が結合していることを確認した。

 さらに、このタンパク質が小胞体を動かしていることを発見。細胞の内壁全体にある小胞体が動くことで、葉緑体など他の物質も巻き込まれて流されることがわかった。

 研究チームは「植物が何のために原形質流動を行っているのかまでは突き止められていない。しかし、メカニズムの発見で、その解明の一歩となった」としている。

【関連記事】
植物の気孔の数を増加させる方法を発見 京大チーム
大学ブランド「おいしい」商品化 研究成果を食卓でアピール
世界の食糧危機を救う? 細菌感染植物の“心中”メカニズム解明 京大チーム
ニキビ発生抑える成分発見 資生堂 化粧品応用に期待
若い肌の“味方”開発 「肌の再生を促す手入れを忘れないで」

定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
<iPS細胞>疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍(毎日新聞)
九州北部に強風被害、北九州市で1人死亡(読売新聞)
<みんなの党>参院比例に元全国小売酒販組合中央会長を擁立(毎日新聞)
DNA誤データで別人に逮捕状=捜索実施、人為ミスか-神奈川県警(時事通信)

国交相、高速割引廃止の理由は「効果が小さい」(レスポンス)

発表から廃止までわずか1週間。電光石火の早業で首都高速と阪神高速の「ピーク割引」と「オフピーク割引」の“廃止”が断行される。

[関連写真]

現在実施中のピーク割引(10%オフ)の今年度の財源は、国土交通省が「高速道路料金社会実験」から拠出されている。3月31日までの今年度予算は約100億円だった。継続するためには、来年度予算でも計上されていなければならないが、それがなかった。ピーク割引は高速道路会社が企業努力で割引を続けていたが、オフピーク時に交通を誘導するオフピーク割引が廃止されれば、その意味がなくなるため、同時に終了することになった。

前原氏は予算計上されなかったからではなく、そもそもこの割引制度の効果を“仕分け”したことを強調する。23日の閣議後会見で前原国交相は、取りやめは「既定路線」とさらりと言ってのけた。

「オフピーク割引は、渋滞削減効果が小さい。中止は昨年末に高速道路会社に伝えてあった」(同上)

しかし、その“既定路線”をほとんどの人は知らなかった。都市高速の料金制度について前原首相は「無料化の対象から除外する」と語り、NEXCO系の高速道路無料化とは別にして、ひとまず棚上げしたかに見えた。割引廃止や料金制度の見直しは、まるで降ってわいたような話だ。

高速道路会社の関係者は「何年も続けた割引をやめるなら、ある程度の周知期間は必要。せめて2週間前には公表したかった」と、実質値上げの影響を懸念する。

渋滞削減がどのくらい見込めなかったのか。同省有料道路課の担当者はその社会実験の結果とりまとめは「実験が3月末日まで続くこともあり、まだ時間がかかる」とし、その結果公表についても、時期や方法は未定だという。

利用者が注目する上限1000円に変わる割引制度は「時期がきたら…」と先送り。そんな状況で、早々と割引廃止だけが打ち出される。これが本当に高速道路の段階的無料化のプロセスなのだろうか。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
首都高と阪神高速、2種類の割引制度を廃止へ
【新聞ウォッチ】高速道路無料化、蛇行運転中
高速道路無料化、公共交通に打撃は早計---馬淵副大臣
国土交通省 特別編集
首都高速道路 特別編集

自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害-大阪地検(時事通信)
札幌受信料訴訟でNHK敗訴…司法判断分かれる(読売新聞)
首相動静(3月17日)(時事通信)
<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)
小林議員陣営、北教組献金前に事務所費集め躍起(読売新聞)

幻の銘酒も…越後の蔵元一堂に にいがた酒の陣2010(産経新聞)

 蔵元直送の「新潟の地酒」を2日間、心ゆくまで味わうことができる恒例のイベント「にいがた酒の陣2010」が3月13、14の両日、新潟市中央区の朱鷺(とき)メッセで開かれ、約8万7000人もの「左利き」(酒好きのこと)でにぎわった。

 会場では県内の91蔵元が90ブースで出展。出品された各蔵元自慢の酒は約500種類にのぼった。

 会場は入場無料だが酒を味わうためには2000円(前売り1500円)を払って試飲チケットを購入する。ただし、このチケットは2日間有効で、チケット購入後にもらえる「蛇の目のぐい飲み」をブースに差し出せば、いくらでも試飲できる仕組みだ。

 それでは、夢のような会場へ「いざ、出陣!」だ。

以下は出展した蔵元の所在地、会社名、代表的な銘柄

村上市  大洋酒造     大洋盛

村上市  宮尾酒造     〆張鶴

新発田市 市島酒造     王紋

阿賀野市 越後桜酒造    越後桜

阿賀野市 越つかの酒造   代々泉・越乃あじわい

新発田市 菊水酒造     ふなぐち菊水一番しぼり

新発田市 ふじの井酒造   ふじの井

阿賀野市 白龍酒造     大吟醸 白龍

新発田市 金升酒造     金升

五泉市  近藤酒造     菅名岳

五泉市  金鵄盃酒造    越後杜氏

阿賀町  麒麟山酒造    麒麟山伝辛

阿賀町  下越酒造     ほまれ麒麟

加茂市  加茂錦酒造    加茂錦

新潟市  今代司酒造    今代司

新潟市  越の華酒造    越の華

新潟市  石本酒造     越乃寒梅

新潟市  塩川酒造     越の関

新潟市  高野酒造     水の都 柳都

新潟市  越後伝衛門    伝衛門

新潟市  小黒酒造     越乃梅里

新潟市  越後酒造場    越乃八豊

佐渡市  尾畑酒造     真野鶴

佐渡市  逸見酒造     真稜

佐渡市  天領盃酒造    天領盃

佐渡市  北雪酒造     北雪

佐渡市  加藤酒造店    金鶴

新潟市  宝山酒造     宝山

新潟市  福井酒造     峰乃白梅

新潟市  上原酒造     越後鶴亀

新潟市  笹祝酒造     笹祝

新潟市  朝妻酒造     雪の幻

弥彦村  弥彦酒造     泉流 こしのはくせつ

三条市  福顔酒造     三条の酒 福顔

加茂市  マスカガミ    萬寿鏡

加茂市  雪椿酒造     越乃雪椿

長岡市  美の川酒造    良寛

長岡市  柏露酒造     越乃柏露

長岡市  高橋酒造     長陵

長岡市  吉乃川      極上 吉乃川

長岡市  長谷川酒造    越後 雪紅梅

長岡市  お福酒造     お福正宗

長岡市  恩田酒造     舞鶴

長岡市  越銘醸      越の鶴

長岡市  諸橋酒造     越乃景虎

長岡市  住乃井酒造    笑満寿

長岡市  中川酒造     越乃白雁

長岡市  河忠酒造     想天坊

長岡市  関原酒造     群亀

長岡市  栃倉酒造     米百俵

長岡市  朝日酒造     朝日山

長岡市  久須美酒造    清泉

長岡市  池浦酒造     和楽互尊

小千谷市 新潟銘醸     長者盛

小千谷市 高の井酒造    越の初梅

魚沼市  緑川酒造     緑川

魚沼市  玉川酒造     越後さむらい

南魚沼市 八海醸造     八海山

南魚沼市 青木酒造     鶴齢

南魚沼市 高千代酒造    高千代 天地人

湯沢町  白瀧酒造     上善如水

十日町  松乃井酒造場   松乃井

津南町  滝沢酒造     苗場山

十日町  魚沼酒造     天神囃子

津南町  津南醸造     霧の塔

柏崎市  原酒造      越の誉

柏崎市  阿部酒造     越乃男山

柏崎市  林酒造場     杉の露

柏崎市  石塚酒造     姫の井 かめぐち酒

上越市  武蔵野酒造    スキー正宗

上越市  田中酒造     能鷹

上越市  妙高酒造     越乃雪月花

妙高市  君の井酒造    君の井

妙高市  千代の光酒造   千代の光

上越市  谷乃井酒造    谷乃井

妙高市  鮎正宗酒造    鮎正宗

上越市  丸山酒造場    雪中梅

上越市  竹田酒造店    かたふね

上越市  野崎酒造場    国の華

上越市  佐藤酒造店    錦盛

上越市  小山酒造店    越後自慢

上越市  頚城酒造     久比岐

上越市  代々菊醸造    越後の蔵元 吟田川

上越市  加藤酒造     清正・越乃雪

上越市  上越酒造     越後美人

上越市  新潟第一酒造   越の白鳥

上越市  よしかわ杜氏の郷 よしかわ杜氏

糸魚川市 池田屋酒造    謙信 

糸魚川市 田原酒造     雪鶴

糸魚川市 加賀の井酒造   加賀の井

糸魚川市 猪又酒造     月不見の池

【関連記事】
飲みすぎて記憶がない…なぜ起こる?
OLやサラリーマンで酒米を作ろう! 三菱地所が山梨の棚田でプロジェクト
酒と料理の相性追求 蔵元・飲食店・酒屋が交流 食文化背負う気で
子供たちが和食に挑戦 パリの国際農業見本市
日本酒離れ歯止めを!蔵元サバイバル、女心くすぐる企画とは…
20年後、日本はありますか?

「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
<福岡切断遺体>顔見知り関与か…争いの跡なく(毎日新聞)
北沢防衛相が哀悼の意 3人死亡の陸自演習場の野焼き事故で(産経新聞)
<雑記帳>カバの「龍馬」、鹿児島へ(毎日新聞)

DSなどヒット商品増加=税関での不正コピー摘発-09年(時事通信)

 携帯型ゲーム機「ニンテンドーDSライト」に、人気エクササイズ「コアリズム」のDVD、携帯電話を装飾するデコ・パーツ、ヘアアイロン-。財務省は12日、2009年の知的財産侵害物品(コピー商品)の摘発実績で、ハンドバッグや財布などの「定番商品」が減少する一方で、こうしたヒット商品に便乗した物品の摘発が増加していると発表した。
 摘発件数は、バッグ類の落ち込みなどを受け、前年比17.1%減の2万1893件と9年ぶりに減少した。ただ、デコ・パーツなどの小物類の増加で、摘発点数は10.6%増の104万4022点と2年ぶりに増えた。「バイアグラ」などの不正医薬品は引き続き高水準で推移した。 

外務副大臣が文春提訴=「温暖化対策で虚偽報道」-東京地裁(時事通信)
大阪城公園 舗装路が陥没…深さ0.9メートル(毎日新聞)
役員刷新なければ離党も=自民・園田氏(時事通信)
文化財保護法違反 死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明(毎日新聞)
14~16歳の3人死傷=車が電柱に衝突-三重(時事通信)

<岐阜刑務所>20代男性受刑者が独居房で自殺か(毎日新聞)

 14日午前4時55分ごろ、岐阜市則松の岐阜刑務所で、独居房にいた20代の男性受刑者が、掛け布団のカバーで首をつっているのを巡回中の職員が発見した。カバーを折り畳んで輪状にし、床から高さ約90センチの水道の蛇口に引っかけていた。男性は病院に搬送されたが間もなく死亡。遺書らしきメモが残されており、同刑務所は自殺とみている。

 同刑務所によると、男性は05年3月に入所。数日前に規律違反で独居房に移ったばかりだった。発見の20分前に見回った時は異常はなかったという。メモには自身が起こした事件への反省の言葉がつづられていたという。

 同刑務所は「男性に問題行動はなく、自殺の兆候はなかった」としている。【三上剛輝】

【関連ニュース】
刑務所出所:仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし
革手錠死傷事件:2審も刑務官4人有罪 名古屋高裁判決
雑記帳:刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山
刑務所出所:仮釈放が満期下回る 高齢化、引受先なし
eye:盲導犬育てた受刑者 慈しむ心・寛容の心、教えてもらった

兵庫県副知事に総務省の金沢氏起用へ (産経新聞)
【風】利用者本位の制度に(産経新聞)
<前原国交相>「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因(毎日新聞)
刑事処分の「後追い」でない行政処分システムを-医療事故で日医(医療介護CBニュース)
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側-東京高裁(時事通信)

<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は15日、政府参考人制度の廃止や内閣法制局長官を政府特別補佐人から外すことなどを盛り込んだ国会改革関連法案について、17日に政治改革推進本部の全体会議を開き、党の全議員が参加できる議論の場を設けることを明らかにした。

 同法案について民主党は、与野党で話し合ったうえで議員立法で提出することを目指しているが、与野党協議の場である議会制度協議会を開催するめどは立っていない。民主党が全議員で議論するのは、与党単独での法案提出も視野に入れているためとみられる。ただ小沢氏は「(成立は)早いにこしたことはないが、可能な限り与野党で合意ができて成立すればいい」とも述べた。【念佛明奈】

【関連ニュース】
鳩山首相:ミス日本の女性7人が表敬訪問
社民・国民新:与党間「調整機関を」 民主に申し入れ
鳩山首相:「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」
小沢幹事長:「選挙の責任者の一人として」参院選を指揮
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察

【ぐるり地球紀行】今回は「タイ・イサーン」をぐるり(産経新聞)
<山口彊さん偲ぶ会>長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)
<自主回収>中国製レーザーポインター 失明の恐れで(毎日新聞)
コンクリ塊下敷き 男性死亡(産経新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待(毎日新聞)

阿久根市長、議会出席拒否続ける=社名挙げ「カメラ禁止を」(時事通信)

 傍聴席に「一部マスコミ」がいることなどを理由に4日の市議会本会議への出席を拒否した鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は、5日午前も本会議への出席拒否を続けた。同日は4日に続き、午前10時から2010年度当初予算案の総括質疑が予定されていた。
 竹原市長や市幹部は、控室に入ったまま、本会議場に姿を見せなかった。また、市長は5日、新聞4社とテレビ1社を名指しし「議場へのカメラ持ち込みを禁止していただくよう要請します」との要求書を議長に提出した。
 要求書で竹原市長は「商用報道機関(マスコミ)が、事実やわたしの発言とは異なる報道をするなどして世論を創作していることを懸念し、庁舎内での撮影を禁止し、撮影については許可を取るように求めた」と説明。その上で「マスコミ各社に対して、創作や偏向報道をやめること、庁舎内の撮影には市長の許可を得ることの申し入れをされることを希望します」などと訴えている。 

禁止地域で個室マッサージ店経営 売り上げは約2億円か(産経新聞)
再開へ、準備進む「もんじゅ」=原子力機構が内部を公開-福井(時事通信)
東京大空襲 遺族や都知事ら参列し慰霊法要(毎日新聞)
精神障害者への交通費優遇の充実を働き掛け-日精協(医療介護CBニュース)
退職金の上積み検討を=天下りの根絶で提案-前原国交相(時事通信)

珠代氏猛攻質問!菅氏らバッサリ(スポーツ報知)

 自民党の丸川珠代参院議員(39)が8日、自身初の予算委員会での質問に立ち、猛攻を仕掛けた。「闘魂を込めた」という真っ赤なスーツで登場し、「ずいぶんお疲れの様子だ」と、いきなり原口一博総務相(50)にジャブ。菅直人財務相(63)には「ぶくぶくに膨れた予算を自分たちで作り、自分たちで削って『3兆円の無駄が出た』と喜んだ。意味が分かりません! 与党の自覚がない。国民をバカにした自作自演だ」と声を張り上げた。

 「大変元気のいいご質問で…」と皮肉る菅氏にもひるまず「(菅氏は質問に)答えてません」などと反撃。「民主党のマニフェストにはお金を使う工程表はあるが、無駄をなくす工程表はない」としつこく迫ると、議場は拍手とヤジで大紛糾。質疑は何度も中断し、舛添要一前厚労相(61)もハッスル。ヤジを飛ばす与党議員を指さして「黙ってろ!」と怒った。

 質問を終えた丸川氏は「野党になったので、いいケンカをしようと臨みました。菅大臣はいつも答弁がむにゃむにゃしているので、しっかり追及しようと思った」。なお、インターネット中継を見ていた知人からは「怖い」という感想がメールで送られてきたという。

 【関連記事】
鳩山内閣支持率、過去最低36・3%…共同通信社世論調査
前田日明氏「対話を協議中」…民主党公認漏れ
池谷氏「当選しないと、やりたいことはできない」民主党公認
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補

遭難の男女、全員無事=宮城・山形県境の船形山(時事通信)
<素顔の巨匠>手塚治虫、赤塚不二夫さんの長女 親交深い2人が対談 父の秘話語る(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・佐藤B作さん(61)(産経新聞)
<桂歌丸さん>症状落ち着き退院 「笑点」収録にも参加へ(毎日新聞)
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足-京大(時事通信)

石井議員、厚労省への口添え否定…郵便不正事件(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、自称障害者団体「凛(りん)の会」に偽の障害者団体証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が4日、大阪地裁で行われ、民主党の石井一参院議員(75)が弁護側証人として出廷した。

 石井議員は同会側から依頼を受け、厚労省に口添えの電話をかけたとされる点について「全くありません」と全面否定した。

 検察側主張によると、石井議員は衆院議員だった2004年2月、元秘書だった同会元会長・倉沢邦夫被告(74)や同会元会員(67)と議員会館で面会し、証明書発行への協力を要請され、村木被告の上司だった塩田幸雄・元障害保健福祉部長(58)に電話をかけ、便宜を図るよう求めたなどとされる。

 これまでの公判で、倉沢被告は「04年2月25日に議員会館の石井議員の事務所を訪ねた」と証言したが、石井議員は「(倉沢被告と会ったことは)ない。記憶にないのではなく、絶対にない」と証言。塩田元部長との面識についても「たくさんの役所の人間と接点を持っていたので、塩田元部長は知っているのかもしれないが、(私は)顔が思い出せない」と述べた。

 また、石井議員は、同会を知った経緯について「06年11月に選挙を手伝ってもらっていた倉沢被告から『この新聞を選挙に使ったらどうか』と言われ、凛の会の新聞を見せられた。私は『りん』と読むのか、『りょう』と読むのかと聞いた」などと説明した。

 石井議員の口添えを巡っては、これまでの公判で、倉沢被告に同行したとされる元会員が「全く記憶にない」と否定。塩田元部長も、石井議員からの電話について「記憶にない」と証言している。

米の核抑止力削減に懸念 事務レベル協議で日本側(産経新聞)
京都府警 世界遺産周辺の組事務所開設厳禁 条例を提案へ(毎日新聞)
首相動静(3月2日)(時事通信)
<アカデミー賞>主演男優賞にジェフ・ブリッジスさん(毎日新聞)
憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)

米海兵隊訓練、住民投票で賛成ならOK…徳之島(読売新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が米海兵隊の訓練移転先として検討している鹿児島県・徳之島の高岡秀規・徳之島町長(50)は読売新聞の取材に対し、「政府から話があれば、町独自の住民投票を実施したい。賛成が多ければその結果に従う」と述べ、住民投票の結果次第で受け入れる考えを明らかにした。

 高岡町長は、「私個人としては反対」としながらも、「国防や外交に関する判断は、町長の職権範囲を超えている。政府から正式な要請があった場合、受け入れ条件などの話を聞き、町民に説明する。その上で賛否を問う必要がある」と語った。

火災 団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス(毎日新聞)
囲碁 張が棋聖位獲得でグランドスラム(産経新聞)
前原国交相を口頭注意=個所付け通知で-鳩山首相(時事通信)
シンプルに栄養摂取 モンゴルの味 体を温める羊肉 ダイエットにも効果(産経新聞)
<弁護士>09年の懲戒処分76件 過去最多に(毎日新聞)

【25%の危機】(上)迷走する国民不在の論議(産経新聞)

 ようやく意見を言える場が与えられたのは23日夕のことだった。首相官邸2階の会議室。地球温暖化問題に関する閣僚委員会の副大臣級検討チームはこの日、財界などの代表を集め、3月5日にも決める「地球温暖化対策基本法案」(仮称)の意見聴取を行った。

 「基本法は国民生活や経済活動に大きな影響を与えます。しかし、その検討過程は国民に開かれていないと懸念しています」

 東京電力の清水正孝社長は、最初にこんな苦言を述べた。会議には小沢鋭仁環境相や仙谷由人国家戦略担当相も顔をみせていた。

 この日は日本経団連と日本商工会議所、経済同友会の経済3団体も議論の透明性確保などを求める共同意見書を発表。背景には副大臣級の会合を非公開にしていることへの反発がある。

 小沢氏は会議で「開かれた議論」を検討する考えを示したが、どこまで情報開示が進むかはみえない。しかも肝心の議論は、統一感のないまま迷走している。

 ■唐突な環境省試案

 「何の進展もない。これじゃあ、もたないぞ」

 環境省から届いた文書をみつめながら、ある政府関係者がため息をついた。

 A4判27ページで、表紙に小沢環境相の名前。中長期的な温暖化対策の提案が盛り込まれたロードマップ(行程表)の試案で、3日の副大臣級会合に提出された。ただ、環境省が関係省庁の担当者に配布したのは、その前日のことだった。

 「唐突に届けられたと思ったら、中身もいい加減だった。当日になると、風力発電の導入目標などの重要な数字が変わっていた」

 経産省幹部は、他省庁との調整もなく議論を主導しようとする環境省の先走った動きに憤りを隠さない。

 対策メニューも前政権で検討された項目ばかり。太陽光発電設備の普及や大型風力発電所設置…。2020年の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するという国際的に突出した目標を掲げるわりに新味はほとんどみられない。

 ■生産抑制、経済統制…

 そんな試案でさえ会議後に回収され、公表されたのは概要版だけだ。これでは検討状況は見えにくい。実際、産経新聞が入手した非公表の試案全文には、概要版には含まれていない重要な記述もあった。25%削減のうち「真水」と呼ばれる部分の試算だ。

 実は、25%削減といっても、国内の企業や消費者の取り組みだけが必要なわけではない。他国が減らした排出量を「排出枠」という形で購入し、25%に含めることができるためだ。

 これに対し国内の削減分が「真水」。その水準次第で規制や補助金などの制度が変わり、経済構造に影響する重要な論点だ。試案では、25%の内訳として真水を(1)15%(2)20~25%-とする例を想定し、実現に必要な対策の規模を示した。

 気になるのは「20~25%」。ここで示された対策は、実際には「20%」を前提としたものばかりだという。「現在の実用化技術で可能なのは20%まで」(経産省幹部)とされるからだが、わざわざ「20~25%」と幅を持たせたのは、真水だけで25%を達成すべきだとの強硬論があるためだ。

 では、現在の技術で不可能なはずの「真水で25%」の実現には何が必要か。試案は「新たな発想」を指摘しているだけだが、経産省幹部がこう解説した。

 「生産活動の抑制、経済活動の統制しかない」

                   ◇

 国民に対する十分な情報開示が行われないまま進む温暖化対策の検討作業。だが、議論を不安視する産業界などとは対照的に、鳩山由紀夫首相からは現状への問題意識が見えてこない。

 「とにかく温室効果ガス排出量の25%削減を達成する道筋を示す。そういう話でいいのではないか」

 首相は19日、小沢鋭仁環境相と仙谷由人国家戦略担当相から地球温暖化対策基本法案(仮称)とロードマップ(行程表)策定の進捗(しんちょく)状況を報告された際にこう語ったというが、前途は多難だ。

 実際、基本法案やロードマップの策定には多くの要素が絡み合う。検討中の新成長戦略は環境ビジネス抜きには語れないし、エネルギー基本計画の策定作業も環境政策と表裏一体だ。地球温暖化対策税(環境税)の創設は政府税制調査会の税制論議と切り離せない。

 直嶋正行経済産業相は「並列的に議論していく」と語るが、一連の政策課題をどう整理するのかという方向性すら見えないのが現状だ。

 そんな中、温暖化対策基本法案の検討を急げば、「拙速すぎる」との批判も免れそうにない。小沢氏は23日、ロードマップの策定時期について、基本法案と同時期だった予定を先延ばしする意向を示したが、今後の議論をどうまとめるのか。

 「25%削減ありき」と言わんばかりの姿勢で議論を進める鳩山政権。このままでは、数値目標だけが既成事実化する懸念も強い。

                   ◇

 鳩山政権で温暖化対策論が進んでいるが、水面下の検討状況はなかなか見えない。国民生活に重大な影響を与える「25%削減」が、国民的な合意もないまま進む危険な状況を報告する。

<釜山行き高速船>故障で2時間立ち往生 博多発(毎日新聞)
リニア中央新幹線 「ルート選定」開始 交通政策審(産経新聞)
徳島商サッカー部員、スポーツ用品店で万引き(読売新聞)
個所付け通知「党経由は遺憾」=鳩山首相が陳謝-集中審議(時事通信)
ハワイに津波到達 高さ1・5メートル チリ大地震(産経新聞)

大津波・津波警報 北海道・根室市3363世帯に避難指示(毎日新聞)

 チリ地震に伴う津波警報発令を受け、北海道は28日午前9時33分、高橋はるみ知事を本部長とする災害対策連絡本部を本庁と渡島、胆振、日高、十勝、釧路、根室の6支庁に設置した。道東の太平洋側に位置する根室市は午前9時40分、海岸に近い3363世帯約8800人に対し避難指示を出した。

【津波が来たらどうする】「高台へ」「車で逃げない」「貴重品はあきらめる」…避難の心構え

 道によると、根室管内別海町、標津町、羅臼町、釧路市、釧路管内白糠町、釧路町、浜中町、十勝管内広尾町、豊浦町、浦幌町、大樹町、胆振管内厚真町では、避難勧告が発令されている。

 根室市の沿岸では市の広報車が「津波警報が発表されました。沿岸の皆さんは直ちに避難するよう指示します」と広報し、住民は車で高台などに避難。港では津波による破損を避けるため、漁船が沖に出る準備をしていた。北海道開発局や道警本部も警戒本部などを設置し、情報収集に当たっている。【本間浩昭、鈴木勝一】

【関連ニュース】
【写真特集】大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫
【写真特集】チリでM8.8の大地震
<昭和毎日>チリ地震津波、三陸を襲う(1960年5月24日)
質問なるほドリ:津波の高さってどうやって測るの?

開業医の24時間電話相談、義務付けを見送り 上乗せ料金は維持 厚労省(産経新聞)
「参院選は最終戦」 小沢氏、幹事長続投に意欲(産経新聞)
メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を(医療介護CBニュース)
津波警報と注意報、一部で解除=青森、北海道-気象庁(時事通信)
五輪フィギュア チケット価格20倍超 ダフ屋横行(毎日新聞)

遮断棒降りたまま JR関西線で8800人に影響(産経新聞)

 27日午前9時25分ごろ、JR関西線の柏原駅付近の踏切で、「遮断棒が降りたまま上がらない」と通行人から連絡があった。JR西日本によると、修理が終わるまでの約50分間、踏切を通る電車が徐行運転した。このため、上下14本が運休、29本が最大24分遅れ約8800人に影響があった。同社が原因を調べている。

【関連記事】
JR東海、新幹線停電で常務ら9人処分
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
踏切に車止め居眠り、夜行貨物列車止める
「撮り鉄」また電車止める 前回騒動と同じ車両 滋賀 
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…

エチオピア産「モカ」販売再開 メーカー3社が一般家庭向けに(J-CASTニュース)
富士山の日 「2月23日」イベントに300人参加 静岡(毎日新聞)
「浮気と思った」17歳少女を刺した42歳男逮捕(読売新聞)
小学校1万校にスクールカウンセラー配置へ(読売新聞)
審議拒否“不発” 自民いがみ合い 谷川氏「与党にはカエルの面に…だ」(産経新聞)

強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル-東大医科研など(時事通信)

 強毒性のH5N1型鳥インフルエンザと人の季節性インフルエンザ(H3N2型)のウイルスを組み合わせると、より病原性の高い混合ウイルスが出現しうることを、河岡義裕東大医科研教授、八田正人米ウイスコンシン大准教授らのグループが23日までに明らかにした。さらに、この場合に鍵を握る遺伝子も突き止めた。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 従来の研究では、同様に作られたウイルスの病原性は元のH5N1より弱まっており、強毒ウイルスは生まれにくいと考えられていた。同教授は「新型の登場でH5N1の存在が忘れられているが、監視を続ける必要がある」としている。 

チリ地震の津波、28日午後1時過ぎ日本へ(読売新聞)
無登録でモンゴル投資募る=100人から5億円超集金か-容疑で業者捜索・警視庁(時事通信)
小沢氏会見要旨「青木氏の時代的役割は終わった」(産経新聞)
「知らなかった」鳩山首相“故意の脱税”否定(産経新聞)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(3)(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。